企業法務とは

企業の活動には様々な場面で法律が関わってきます。
このような企業の活動に関わる法律上の業務をまとめて企業法務と言います。
企業法務の具体的な仕事内容は、会社の設立のための書類作成や各所への届出作成や提出、企業との取引書類の作成といったこと以外にも顧客や従業員からのクレーム対応や社員への法律内容の教育といった人事や労務といった活動まで幅広い範囲で行われます。
このような業務をこなすために大きめの規模の会社には法務部を設置していることが多いです。
しかし、法務部での仕事をしている人は配属されたことで法務部で仕事をしているだけで法律的な知識を持っていない人ばかりなことが多いです。
学生時代に法律を専門的に学習している人が働いていることは少ないため、仕事を進めながら企業法務について勉強をしていることも多くあります。
知識がない状態で仕事を進めるため、効率も決して良くないですし知識のある人に比べれば仕事のスピードも速くはありません。
それでも企業はこのような部署を設けて仕事を行うくらい法律と密接して企業活動をしているのです。

そこで、会社の中には生産性を上げるために、法務部を持つような大きな企業では顧問弁護士を雇い入れていることが多くあります。
顧問弁護士を雇い入れてまで企業が企業法務を強化する必要性はなぜあるのでしょうか。
ここでは企業法務の重要性と顧問弁護士の仕事内容、雇い入れるメリットについて紹介をしていきます。